当院では、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、ご希望の方に新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)抗体検査(IgMとIgG)を行っております。

少量の血液で検査します。15分程度で結果が出ます。

検査キットは数に限りがございますので、お早めにご予約ください。

尚、大変申し訳ございませんが、抗原検査およびPCR検査ではないため、今現在の罹患状況を調べるには抗体検査では不十分です。現在発熱や症状のある方は、発熱外来の受診をお勧めいたします。

 

<費用>

9,000円(税抜き・抗体検査のみの場合はその他の費用はかかりません)

 

<こんな方におすすめです>

・これまで特に自覚症状がなく、健康であったが、過去に新型コロナウィルス感染症にかかっていたか心配な方。

・少し前に風邪症状があり、回復したが、それが新型コロナウィルス感染症であったか心配な方。

・出勤するあるいは登校するにあたり、自らが免疫を持っている状態かあらかじめ確認しておきたい方。

 

コロナウイルス抗体検査

 

<抗体検査とは>

抗体とは、免疫グロブリンとも呼ばれ、体内で免疫反応により作られ、ウィルスなどの病原体から体を守るための免疫です。

抗体には、IgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類があり、感染症の診療にはIgMとIgGという抗体が必要です。

新型コロナウィルスでは、発症から概ね2週間程度で80%、3週間程度でほぼすべての方が、IgGが陽性になることがわかっています。IgMは発症から1週間前後で陽性となることが多いことがわかっています。

<抗体検査結果の解釈について>

抗体検査は、気が付かないうちに新型コロナウィルスに罹患していたかどうかを調べるために行います。

ただし、現在用いられている抗体検査ではデータの蓄積が不十分であり、その有用性は確立されておりません。しかし、抗体検査の現状の精度や限界についてよく理解したうえで、結果を見ること自体には一定の意義があります。

新型コロナウィルスに関しては、抗体の陽性とかかりやすさとの関係も明らかではありません。また抗体がどの程度の期間持続するかについても現時点では不明です。特に抗体が陽性であっても、再感染のリスクがゼロではない可能性があることにも注意が必要です。