新型コロナウイルス感染症対策に、通常の清掃に加えて次亜塩素酸水による清掃を行っております。

 

次亜塩素酸水は、食塩水を電気分解すると得られる水溶液です。新型コロナウイルスで、次亜塩素酸水が注目されているのは、殺菌成分である「次亜塩素酸」を含むためです。

 

当院で用いている次亜塩素酸水は、微~弱酸性を示すもので、殺菌(ウイルス不活性化)効果と人体への安全性が高いとされております。

 

次亜塩素酸はウイルスの表面を変性させることで不活性化しますが、高い殺菌性の反面、化学的に不安定(危険というわけではありません)なので、たんぱく質の塊である手指の消毒などでは、有効成分が消費されてしまい、効果が薄い可能性が示唆されております。

実際、経済通産省によるNITE=製品評価技術基盤機構の調査では、手指消毒や空間除菌に関しては、明らかな有効性が示されませんでした。

 

しかし、無機物(机やいすなど)は表面の汚れを除去したうえで使用すれば、高い効果が期待できます。

次亜塩素酸の効果

次亜塩素酸の概念図

 

手指消毒の基本は、手指の洗浄です。

手に入るのであれば、アルコールによる消毒も有効と考えます。

 

当院では少しでも、感染リスクを下げられます様、今後とも感染対策に取り込んでまいります。

 

当院で使用している次亜塩素酸水生成装置

https://www.flax.co.jp/products/ziapocket/

次亜塩素酸発生装置 ジアポケット

次亜塩素酸発生装置 ジアポケット

各種界面活性剤に関するNITEの発表です。ご参考にご覧ください。

https://www.nite.go.jp/information/osirase20200522.html